読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

旅と写真と物語と

"かわいい"だけの旅じゃ物足りない。世界史知識、美術史知識ゼロからのできるだけ楽しく、世界をもっと学ぶための記録(になる予定)

バンコクに行く前に読む本

バンコク

          f:id:Akoko:20160405211307j:plain

            -バンコクの路地

 

 過去記事で紹介したとおり、フィレンツェといえば、“冷静と情熱のあいだ

が有名ですが、バンコクといえば、辻仁成つながりで、”サヨナライツカ”

akoko.hatenablog.jp

 

これも、素敵な恋ですね(*ただし、自分が当人同士に限る!)

自分が主人公の婚約者光子だったら、と思うと感想が随分変わるお話です。

婚約者が、自分と離れているあいだに、こんな生活をしていたらたまらない!!

そして、自分と結婚しておきながら、20数年後に再会した別の女にしれーっと「生涯最高の日々だった」とか言われたら、たまらない!

 

舞台となった旧ザ・オリエンタル バンコク(現マンダリン オリエンタル)のスイートルームに入ることはなくとも。今は大都会になってしまって、1975年のバンコクとはすっかり様子が変わっていようとも。

バンコクの空港について、東南アジア特有のむわっとした熱気を感じたり。

アジア特有の強すぎる冷房の部屋に入ったり。

香辛料の香りをかいだり。

2人の「生涯最高の日々」だったバンコクを少しだけ感じられる気がします。

 

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)

サヨナライツカ (幻冬舎文庫)