旅と写真と物語と

"かわいい"だけの旅じゃ物足りない。世界史知識、美術史知識ゼロからのできるだけ楽しく、世界をもっと学ぶための記録(になる予定)

コンスタンティノープルだった頃のイスタンブールに行きたくなる本

           f:id:Akoko:20160314215122j:plain

            アテネで見かけたギリシャ正教

東ローマ帝国西ローマ帝国っていう言葉は聞いたことがあっても,東ローマ帝国の首都がコンスタンティノープルっていうことを知らず。

しかもイスラム世界のイメージが強いイスタンブールの前身がギリシャ正教の中心コンスタンティノープルだなんて,全く知らなかった日本史専攻,世界史不足の私ですが。

 

塩野七海さんのヴェネツィア物語を読んだ中で,ちょくちょく出てきたコンスタンティノープルとトルコの脅威。

ヴェネツィア物語を読んでいる途中から,次は“コンスタンティノープルだ!!”って決めていました。で,読了したので,ご紹介。

 

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)

コンスタンティノープルの陥落 (新潮文庫)

 

 おもしろかった!比較的薄くて読みやすいし。

若いスルタン・マホメット率いるトルコの数的には圧倒的有利な兵力。

対するは,難攻不落三重の城壁を持つ,かつては地中海沿岸をおさめていたキリスト教ビザンチン帝国の首都コンスタンティノープル

 

三重の城壁vs大砲。

ヴェネツィアジェノバの圧倒的な船団vs陸すらこえていくトルコ船。

キリスト世界vsイスラム世界。

人望厚い49歳の皇帝コンスタンティヌス十一世vs冷酷な21歳のスルタン・マホメット二世。

時に,ヴェネツィア人。時にスルタンの小姓。時に皇帝。時にスルタン。

それぞれの目線から,繰り広げられるコンスタンティノープル攻防。

塩野さんの文章に引きづられ,絵巻を見ているよう。

塩野作品を読むと,ゼヒその場に行ってみたくなる!

図録や写真で確認したくなる!!から不思議。

 

コンスタンティノープル最後の日の前日。

アラーに祈る鬼の踊りのようなトルコ軍。

東のギリシャ正教と西のカトリックの真の合同の実現。

のシーンが印象的でした。

 

ヴェネツィア物語で出てきた,ライバル同士ヴェネツィアジェノバの関係も語られていて,おもしろい。 

 

イスタンブールは気になっていた都市なので,実際に行く前にコンスタンティノープルとしてのイスタンブールを学べてよかった。

最近のトルコ情勢問題がなければ,今すぐにでも,イスタンブール行きのチケットを手配したい衝動にかられています。

 

スルタン・マホメッドのお話はコンスタンティノープル陥落だけにとどまらず,

ロードス島攻防記⇒レパントの海戦の3部作へとつながっていく。

ロードス島攻防記もさっそく買ってしまった。

おそるべし,塩野七海。

 

ギリシャ正教,ギリシャ人というものも気になっていて,ヒントがつかめそうですが,まずは,トルコ3部作に寄り道して。

 

akoko.hatenablog.jp

 

 世界史の答えを知らないだけに,トルコに西洋世界はどう対抗していくのか,

わくわくしながら,読み進めたいと思う。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 

 ⇒他,私がはまるきっかけになった塩野七海さん作品はこちら

akoko.hatenablog.jp

 

 

akoko.hatenablog.jp

 

ドイツに行く前に読む本③

f:id:Akoko:20160916204500j:plain

今月何がなんでも見に行く!と決めていた“君の名は。“を見てきました。

前評判どおり,映像も音楽もストーリーもよかった!

でも,あと10年,せめてあと5年。

RADの歌に素直に共感して,前世とか運命の恋だとか,そういうことをもっと“あるかもしれない”って受け止められる時期に見ていたら,もっと感動したんだろうな,というのが残念でもあり。あー,私も大人になったんだなーと寂しくも感じた。

 

同じようにもっと早く,高校生くらいの時に出会いたかった本として,紹介したいのが,

夜と霧‐ヴィクトール・E・フランクル 

夜と霧 新版

夜と霧 新版

 

 自らユダヤ人として強制収容所に囚われて,生還した心理学者が語る“中から見た強制収容所”の話です。

名前は聞いたことがあったけど,今まで読む機会がなかった本。

主人の実家にあり,帰省時に拝借してきましたが,想像していたより,厚みもなく,読みやすかった。

 

バトルロワイヤルとかが話題になった時から,思っていたんだけど,もし自分がバトルロワイヤル的状況やアウシュヴィッツ収容のような状況におかれたら。

そんな自由もなく恐怖しかない状況になったら,1日も早く死にたいと思うだろうな,と思っていた。

体をうじ虫が這いずり,靴もやぶれて,ごはんも食べれず,真冬の雪降る中強制労働させられ,しかもいつ解放されるかわからない。

そんな状況で1日長く生き続けるより,いっそ自殺でもガス室でも送られて,さっさと死んじゃったほうが,幸せなんじゃないかと思う。 

 

 でも,著者は,苦しみ抜いて死ぬ直前のような状況の中で人間的な崇高さに達した人を紹介する。しかも,単なる崇高さではなく,ごく普通の生活をしていたら,達しなかったであろう崇高さのレベルまでに達した人々。

 

楽しいだけが,意味のある人生じゃない。

苦しい状況でも,人生には意味があることを教えてくれます。

(といっても,強制収容所での生活は絶対に勘弁だけれど)

わたしたちは学ぶのだ。この世にはふたつの人間の種族がいる,いや、ふたつの種族しかいない,まともな人間とまともではない人間と,ということを。この「種族」はどこにでもいる。まともな人間だけの集団も,まともでない人間だけの集団もない。したがって,どんな集団も「純血」ではない。監視者の中にも,まともな人間はいたのだから。

ーP145

 

わたしたちは,おそらくこれまでのどの時代の人間も知らなかった「人間」を知った。では,この人間とはなにものか。人間とは,人間とはなにかをつねに決定する存在だ。人間とはガス室を発明した存在だ。しかし同時に,ガス室に入っても,毅然とした祈りのことばを口にする存在でもあるのだ

ーP145

 

自分が監視者になった時に,当たり前のように毎日ユダヤ人を始末する麻痺した状況の中で,最低限のモラルをもったまともな人間でいられるか。

自分が収容者になった時に,保身のために,同胞のユダヤ人を監視し暴力行為を行うカポーにならずにいられるか。。。

 

単に,強制収容所についてその悲劇を学ぶだけではなく,人生の意味やまともな人間とは何か,考え直す良い本です。

秋の夜長にいかがでしょうか?

 

アウシュヴィッツは,ポーランド

 著者のフランクルはオーストリアの精神科医ですが,

 ナチスドイツということで。ドイツに行く前に読む本として紹介しています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

 過去ドイツ関連の記事はこちら⇒

akoko.hatenablog.jp

 

 

 

 

 

ベトナム ダナンにいってきた⑨ダナンの良いとこ・悪いとこ編

f:id:Akoko:20160909200306j:plain

 ちょろちょろとまとめてきたベトナム旅行旅行記も最後の更新です。

本日は,私が感じたベトナムダナンのGood Point&もうちょっと! Pointまとめ。

 

GoodPoint

  • ベストシーズンでも安い

 乗継便とはいえ,今回ベストシーズンでも10万円+ で,5ツ星リゾートを大満喫!

 下手に沖縄行くより安いんじゃないかと。

 ダナン旅行の一番のメリットはとにかく安く楽しめること!

  • ビーチだけじゃない

 ミーソン遺跡,ホイアン観光もできるので,ビーチでゆっくりしたいけど,ビーチだけ

 じゃ物足りない!って人にはおすすめ。

  • おみやげ・食事も安い

 物価が安いので,好きなもの買えちゃいます!ベトナムドンは単位が桁違いで多いの

 で,感覚がにぶっていっぱい使ってしまうという点も。

  • 食べ物が食べやすい

 フォーをはじめ,パクチーが嫌いでなければ,ベトナムのごはんは食べやすい!

 ただ,衛生面はちょっと心配です。

  • 安全

 交通面はハラハラでしたが,スリや物乞い的な怖さ,治安の悪さ的な怖さはなかった。

  • 海がきれい

 ホテルからすぐ空いてるプライベートビーチを楽しめ,浅めで透き通っているのも大

 満足です。

  

もうちょっと!Point

  • 日本人・韓国人・中国人が多い

 日本人の社員旅行,自撮りしまくる韓国人観光客,アオザイでディナーに繰り出す集団

 中国人がいっぱいで,海外に非日常感を求める場合は少しウンザリしてしまうかも。

  • 街がゴミっぽい

 海がきれいなのに街がゴミっぽいのは不思議。

 日本が綺麗すぎっていうのもあるかもしれないけど。

  • 乗り継ぎがストレス

 国際線は,よいけれど国内線はベトナム航空の特徴なのか,ベトナム人利用者の特徴

 なのか。。ややカオス的。並んでいてもさりげなく抜かされるし,そもそもどこに並

 べばいいかわかりにくいし。で,少し疲れます。

  • ビーチアクティビティがもの足りない

 バナナボート,パラセイリングくらいはありましたが,無人島へのクルーズ&ダイビ

 ングみたいなものはなかった(探してないだけであったのかも?ですが)

 

 f:id:Akoko:20160909214701j:plain

 

ホテルを一歩外に出るとこんなかんじでまだまだ開発中のダナン。

中国資本やアメリカ資本のホテルがまだまだ建設中で,これからも成長しそうなリゾートです。安くて,高級ホテルでのんびりするには本当にオススメで行ってよかったな~と思える場所でした。

ーーーーーーーーーー

長々とダナン旅行記にお付き合いいただきありがとうございました!

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ベトナム旅行の過去記事はこちら⇒

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

 

ベトナム ダナンにいってきた⑧交通事情編

f:id:Akoko:20160907213531j:plain

ベトナムの移動手段といえばシクロ!ですが,今ではもっぱら観光用とのことで,ダナン市街でも,ちらほら観光客と思しき人たちが乗っているのを見かけました。

なかでも,中国人団体旅行客のツアーの一行程になっていたらしく,50台以上のシクロが走り抜けていくのは圧巻!!!

f:id:Akoko:20160903195214j:plain

 

私たちはダナン滞在中,移動はもっぱらタクシーでした。

でも,現地の人にとっての移動手段はバイク!

f:id:Akoko:20160903195244j:plain

通勤ラッシュの時間はもう大渋滞。

 

ダナンからミーソン遺跡や,ホイアンへ向かう道では生活地域や田舎のようなところも通るのですが,2人乗りは当たり前で,中には子供も含めて何人乗っているんだ!状態です。

ガイドさんに聞いたところ,ダナンでの通勤手段はバイク。

さらに,子供の小学校への送り迎えもバイクとのこと。

実際,小学校の前を通ると,門の前には終業待ちのバイクに乗った大人の姿もチラホラありました。

2人乗りですら怖いけれど,小さなうちから3人乗り(なかには4人乗りの強者も!)をしていれば,バイクに乗るのも上手くなるのかな?と。

(それでも,ガイドさんに聞いたら,やっぱりダナンの交通事故件数は多いそうです。)

 

結構スピードも出していて,それと並走する車も全然スピードを落とさず,バイクを追い抜くので,見ているこっちのほうがハラハラ。

ホイアンからダナンに帰る夜のドライブなんて,下手なアトラクションに乗るより,スリリング!!

 

ダナンで自分で車を運転したり,バイクに乗るのは恐ろしいと思ったけれど,日本ではなかなか味わえないこのドライブはゼヒ,前の窓の外がよく見える席に座って体験してみてください。

手軽に,シクロとは少し違った体験ができると思います。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ヴェネツィアに行く前に読む本④

十八世紀のヴェネツィアは,平和であっただけではなく,優美で洗練されていて,華麗ではあってもどこかで節度が保たれていて,言ってみれば,半生を男たちから愛され続けた,花の季節は少し過ぎた女のかもし出す,甘美な余裕に満ちた時代を迎える 

 ー塩野七海“海の都の物語”より

 

そんな18世紀ヴェネツィアに生き,ヴェネツィアを描いた画家カナレット。

写真も絵葉書もない時代に,ヴェネツィアを訪れるエリート観光客が旅の記念に買い求めた。ヴェネツィア旅行者にもヴェネツィアをまだ見ぬ人々にも“ヴェネツィア”という街を強烈に印象づけ,期待させた。

 

カナレット (アート・ライブラリー)

カナレット (アート・ライブラリー)

 

 

 絵画には詳しくないけれど,”海の都の物語”を読む中で,当時の人々の服装や街の様子が知りたくなり,カナレットの画集を図書館で借りてみました。

(同時代のヴェネツィアを描いた画家として他にロンギ,グアルディが紹介されていてこちらも絵を見たかったけれど,図書館でみつけられず。。)

そんななかでも,印象的だった作品をいくつか紹介したいと思います。

美術初心者なため,“芸術的に美しい”という観点というより,”この絵を見てたら,もっとヴェネツィア旅行が楽しかったのに!”という観点より,ご紹介。

 

f:id:Akoko:20160904162635j:plain

1732年 大運河でのレガッタ

レガッタを観戦するために両岸の建物・道路いっぱいにあふれた人々の様子。

カーニバル特有の衣装で着飾った人。あのヴェネツィアのお面はこうやってカーニバルで使用するのが正しい使い方なんですね。

 

f:id:Akoko:20160904162645j:plain

 1735‐40年 サン・マルコ広場 南東を望む

現在の様子と同じようなサン・マルコ広場

違うのは,人々の服装や,遠くに見える帆船の様子くらい?

実際に見た広場を思い出し,情景がリンクする。

f:id:Akoko:20160904162658j:plain

 1735年 サン・ロッコ聖堂とサン・ロッコ同信会館を訪れるヴェネツィア統領

赤い洋服の人がヴェネツィア統領らしい。

足の先まで隠れる重みのあるマントが,ヴェネツィアの街にあう。

 

 

 

 

この絵を見てから,ヴェネツィアに行っていたら!と後悔ばっかりです。

古い町並みにふとアドリア海の女王“ヴェネツィア共和国”が思い出されて,もっと優美に楽しめたと思うのに。 

 

ヴェネツィアに行く前に読む本

過去記事はこちら⇒

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

akoko.hatenablog.jp

 

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

旅を骨の髄まで楽しみつくすために

 けっこうなお金を使っていく海外旅行。

ただ行っただけで“旅を消費するだけ”じゃもったいないな~と思って,私が始めたのが記録として残すこと!でした。

このブログも,旅をきっかけにもっと知りたいと思ったことをまとめたりすためにはじめたものですが,アナログでも旅の記録を残しています。

 

事前準備から,メモから帰国後の記録やら全てまとめ書きしているモレスキン

携帯の設定変更方法,ホテルの場所,緊急連絡先まで書き込み,機内にも持ち込みます。

カード紛失時の緊急連絡先とか1度書き込んでおくと,その後の旅でも何回も使えるので便利! 

f:id:Akoko:20160904142106j:plain

帰国後は,チケットをはったり。

 

f:id:Akoko:20160904173616j:plain

写真や日記をまとめたり。

f:id:Akoko:20160904142132j:plain

 

いつもはこのノートを使っていますが,去年行った新婚旅行は,期間も長いし,ずっと残しておきたいなと思い,写真本をまとめました。

f:id:Akoko:20160904142144j:plain

見開き1ページ写真で埋めてみたり。

f:id:Akoko:20160904142156j:plain

スペースをわざと作って,チケットをはれるようにしたり。

日記やあとから調べたことを文章に残したり。

f:id:Akoko:20160904142216j:plain

いつもフォトブックを作るときは,紙質が気に入ってるのでPhotoBackを使っています。

www.photoback.jp

 

新婚旅行は,両実家にどんなだったか紹介したかったので,帰省ついでに持って行ってお披露目。

写真+文章でどんなに旅が楽しかったか,紹介できました。

 

 旅のことってひとつにまとめようとするとボリュームがあってなかなか面倒。
それでも,やっぱり後から見返すと懐かしいし,結構忘れちゃってることがあって。

“あの時,めちゃくちゃ面倒だったけど,こうして残しておいてよかったな~”って毎回思うので,がんばってアナログでも残すようにしています。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ベトナム ダナンにいってきた⑦ お土産編

みなさん,旅行に行ったときのおみやげってどうしていますか?

私が最近海外旅行に行くたびに集めているのは,これ。

 f:id:Akoko:20160902203848j:plain

マグネット!

・お土産屋さんの定番でどこの国でも売ってる

・各国特色があって記念になる

・かわいい!

・買ってきて,冷蔵庫にはるって決めてるから,置く場所しまう場所に困らない

というわけで,最近は迷わずマグネット。

毎日,冷蔵庫を開けるたびの旅行を思い出してニヤニヤしています。

 

そして,主人のおみやげ選びはコレ。 

       f:id:Akoko:20160902203229j:plain

こういう洋服をおみやげやさんで見るたびに,誰が買うのかな~て不思議だったから,あまりに身近にいすぎて衝撃でした。

嬉しそうな顔をしていたから,何も言えなかったけど。。

彼のお気に入りパジャマです。

 

私のおみやげ選びは,

①買えたら嬉しいな~という自分たちへのこんな感じのおみやげ

②会社に配らなければいけないお菓子

③会社の仲良し女の子達へのおみやげ

④両実家へのおみやげ

ってかんじで,①④は買えなくてもいいけど,

特に②は義務だし,必須だし。

③は予算限られてるけどセンスが試されるし,変なもの買えないけど必須感があるし。。。

 

おみやげ選びのためだけに時間を取られたくない!けど,買わなきゃ~っていう。

そんな私たちがガイドブックで見つけてダナンで実際に行ってみたおみやげやさんを,今日は紹介したいと思います。参考になれば嬉しいです。

 

・HoaLy(ホアリー)

日本人オーナーによるベトナム雑貨のおみやげセレクトショップ

日本語通じる!日本円使える!おみやげもバラマキ雑貨も,お菓子もちょうど良いかんじ!さすが日本人オーナー,欲しいおみやげをおさえていらっしゃる。

一番最後に寄ったけれど,最初ここに行けば,全てそろったのに!と思うほど。

・Pheva Chocolate(フェヴァ・チョコレート)

HoaLy近くのチョコレートやさん。

ちょっとお値段もお高め。チョコレートも味違いはあれど,形状は1種類でおみやげ選びはできなかった。

会社用にチョコを買ってみました。会社で配るにはケチっぽく思われるかな~という大きさで,でもお値段は高めで。でも,いざ会社で自分でも食べてみたら,中にはナッツが入ったり,柄が書いてあったり,で小粒でもぎっしり高級感あるセンスいいかんじのチョコで女子ウケよかった!

・ハン市場

ホテルからダナン行きのシャトルバスがハン市場近くが乗り場で寄ってみました。

こちらは,市民のマーケット。

現地の食べ物すぎておみやげ選びはできなかった。

ただ2階建てで物があふれた空間には圧倒されます!!

f:id:Akoko:20160902220332j:plain

・Danang Souvenir&cafe(ダナン・スーべニア&カフェ)

名前に期待して一番はじめに行ってみたら,あんまり私好みのお土産はありませんでした。

バラマキ用というより,自分用やちゃんとしたプレゼント用のおみやげやさん。

 

私たちは

Danang Souvenir&cafe⇒ハン市場⇒Pheva Chocolate⇒HoaLy

の順でお土産を探して,一番必須な会社用のお土産がない!と最後の砦だと思って行ったHoaLyでやっと見つけたので,無駄に焦ったし,暑い中歩き回らなければいけないしで疲れました。

買わなければいけないお土産がなければ,現地のスーパーやふらりと立ち寄った雑貨屋さんで選んだりできるんだけどな~。

というわけで,HoaLyでおさえるべきお土産をおさえて,あとはゆっくりお土産めぐりや町歩きを楽しむのをオススメです!

義務のお土産選びの時間は,サクっと終わらせて,旅行を効率良く楽しみたいですね!!

おまけ

f:id:Akoko:20160902200615j:plain

今回の旅行で買った新しい夏用パジャマ。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村